自由が丘ビジターセンター さぶのネイチャー日記

さくら餅の香り

d0167501_23505841.jpg

昨日の夕方、桜並木を自転車で通りぬけたらふわぁぁっと甘い桜餅の香りがしてきました。
きっとその正体は、この桜の花びらの奥に詰まっている蜜058.gif

毎年の私の楽しみは、この桜の蜜をペロってなめること!
満開が過ぎるまではじっと我慢して…散り始めた頃に1~2個だけプチっとお花を頂戴します。
ガクのあたりを折るとじわぁっと透明の蜜がでてくるので、そこをペロっと舐めます。
よくスズメなどが桜の花をつまんで食べているのは、この蜜をなめているんだとか。

桜餅よりも桜餅の香り

本当に口の中にふわ~~っと桜の香りが広がります!
もしお近くの散り桜にまだお花が残っていたら、おひとつ試してみてください。

桜餅に使われるのは「オオシマザクラの葉」。
その香りの正体は「クマリン」という成分で、クマリンは化学反応を続けていくと
血液サラサラのお薬「ワルファリン」へとつながります。
自然界に存在する成分が、私たちの大事な薬にもつながっている・・本当にありがたいことです。

私は自然の中にいるときは、植物の名前とか成分などは関係なく、ただ香りを嗅いだり、風を感じたり
五感をひらいて楽しんでいるのですが

ハーバルセラピストやハーバルプラクティショナーの授業を履修してから
家に帰ってから、「そういえば桜の成分って確か習ったな、なんだっけな~~」とテキストを調べてみる
というひとつ新しい行動が加わるようになりました。(たまにですが・・・)

化学が苦手な私ではありますが、
いろんな自然と結びつけてみていくと、「化学っておもしろい」と思える!と信じて
勉強に励みたいと思います。
[PR]
by sabu-gf | 2011-04-15 22:26 | nature

グリーンフラスコスタッフのさぶこと渡邉直子がつづるネイチャー日記
by sabu-gf
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
nature
イベントの様子
お知らせ
study
過去のお知らせ
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな