自由が丘ビジターセンター さぶのネイチャー日記

11月19日 グリーンゼミ開催!【終了しました】

グリーンフラスコでおいているティバッグのハーブティの中で
私がお世話になることの多いハーブティがこちらの2つ。「スロートコート」「ナイティナイト」
d0167501_1501521.jpg

朝起きて急に喉が痛い時、やばい・・風邪かな~~~と思ったら
まずこの「スロートコート」を飲みます。咳が止まらないときにも重宝しています。

また、頭痛や生理痛、胃痛、ストレスがたまった時には「ナイティナイト」かカチャマイをよく飲みます。
胃もとてもすっきり、体の緊張もほぐれますよ。

実はこれらは、アメリカでもっとも古いハーブティメーカーである「トラディショナルメディスン」の商品です。

ハーブなど世界的に貴重な薬用植物は、栽培種ばかりではなく野生のものを扱っている場合が多く
乱獲などによる絶滅の危機といった問題を抱えていたり、
またそれらを採取する現地の人には正当な賃金が支払われず
販売する国々ばかりが利益を得てしまうということが問題視されている一面があります。

そういったことのないようにする取り組みのひとつが「フェアトレード」、そして「フェアワイルド」です。
トラディショナルメディスンは、アメリカではじめて自社製品にフェアワイルド認証を取得した企業として注目を集めています。

実は先日、グリーンフラスコ研究所の研究員椎名佳代が
このトラディショナルメディシナルズ社に行ってまいりました。
11月19日(土)開催の第4回グリーンゼミでは 椎名佳代の米国取材報告として
「トラディショナルメディシナルズ社」の取り組みについて お話しします。

めったにない機会ですので、ぜひ皆様のご参加お待ちしています。

日  時:11月19日(土)15:30~18:00
会  場:バロンホール(自由が丘駅から徒歩約5分)
参加費:1000円
協  力:月刊ソトコト
お問合せ・お申し込み:グリーンフラスコ研究所 03-5731-1340 baronhall@greenflask.com

詳細はこちらをご覧ください

*フェアワイルドとは、野生の植物の保護を目的としたエコロジカルな要素と、フェアトレード(途上国の人々の権利と利益を尊重して行なわれる取引)を活用した、地域への支援を要素とした、世界で初めての国際的な基準です。
こちらパッケージの一部に張られているシールです。
d0167501_1502015.jpg

d0167501_1501819.jpg

d0167501_1502292.jpg

[PR]
by sabu-gf | 2011-11-15 15:33 | 過去のお知らせ

グリーンフラスコスタッフのさぶこと渡邉直子がつづるネイチャー日記
by sabu-gf
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
nature
イベントの様子
お知らせ
study
過去のお知らせ
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな